治療を安心して受けられるがん保険

治療を安心して受けられるがん保険

がん保険は「がん治療に特化した保険」です。
そのため一般の医療保険とは違う点がいくつかあります。

まず大きく違うのが、「診断給付」がある点です。
診断給付はがんと診断された場合、一時金として給付が受けられることです。

がんは主に手術や抗がん剤等を使用する化学療法による治療が一般的ですが、保険診療の場合は高額療養費制度があり、一定金額を超えると超えた分が戻ってきます。
しかし保険外診療の場合はそのような制度がないため、実費にて治療を行うようになります。

がんの治療法は様々なものがあり、いろいろな方法を試す方が多いです。
がん保険に入っているとそういった時に診断給付金を活用することが出来ます。

次に違う点として外来通院での保障がある点です。
現在医療機関ではがんの治療に対し、退院後はできるだけ通院による治療を進めています。そのため、何回か通わなくてはならない化学療法の際に役立ち、ゆとりをもって治療をすることができます。

その他としては再発した際にも保険がおりる、がん先進医療費もカバーできるといったメリットがあります。
2人に1人、がんになると言われています。がん保険は入ってすぐに保障が開始されるわけではないのであらかじめ検討しておくと良いでしょう。

INFORMATION

【2016年12月01日】 
ホームページを更新しました。